小さなアクアマリン

アクセスカウンタ

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

zoom RSS 医療現場で思う事!

<<   作成日時 : 2009/06/27 19:01   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 24

      (とにかく、長文なので お忙しい方は
       最後の10行程度を読んで下されれば嬉しいです!)



あれからだが、息子の足は
超音波治療器の甲斐もあって回復傾向だ!
ギブスの種類も変え、
底面には黒いクッション状の代物を取り付けた。
ここに、多少なりとも体重をかけ
歩く事への衰えの回避などの目的があるという。
こちらは、まずは安堵の方向に向かっている模様である。
その節は、いろいろと励ましやご助言を戴きましたので
まずは、途中経過を報告まで・・


画像



そして最近だが、医療現場では
ホトホト呆れ果てた言動や行為を目にする事が多い


管理人は、義母が寝たきり入院しているのだが
そもそもキッカケは、以前記事( 強制わいせつ事件!)
でも紹介した我が家の事件が大きくものをいっている。


我が家の生活習慣は、管理人が月〜土曜日が通常仕事、
嫁が土日が仕事になる。
つまり、土曜日が重なるといった点だ
あの事件は、実は
その空白の土曜日に起こった出来事であった。


管理人宅では、当時
お互いが仕事で重なる唯一の曜日の土曜日を
近所で生活する義母に幼き息子をあずけていた

嫁からは、常日頃 「お母さんは、小さい子供の相手をしてたら
疲れるので、あんたが私より仕事早く終わったら
直ぐに、お母さんを家に帰してあげて

・・・・・・と指示されていたのだ。


だが、管理人にしてみれば それでは義母を ただ単に
我が家の生活上、まるで道具として利用している感があって
帰ってきたから、「はい さよなら 」とは
出来ない部分があった。
・・・なので、いつも義母を丁重に数十分程度
雑談がてらもてなしながら、お帰り願っていたのだ!

そして、あの日は管理人の方が仕事が早く終わった
帰宅した管理人は、息子の所在を義母に尋ねると
公園に遊びに行っているとのこと・・・・・


一応、気にかけて公園に視察に行ったのだが
4〜5人の子供達がブランコ周辺で遊んでいた。
その中には、ブランコで子供の背中を押してやる
誰かのお父さんらしき人物が子供達と一緒に遊んでいた。
この時は、その唯一の大人が子供の誰かの父親と
錯覚した管理人は、安心して自宅に戻り
義母のちょっとしたお相手をすることに・・・・


だが、その男は一人また一人と子供が家に帰るのを
待ち続け最後の一人になったら
悪戯してやろうと模索する変態男であったとは
後で、管理人は知ることになる。


結局は後で、嫁が帰宅の途中で偶然にも被害現場を発見、
連絡を貰った管理人と義母が公園に行き
犯人を取り押さえたのが詳しい経緯である。

もちろん、その後は嫁からの強い追及があったのは
言うまでもない!
どうして、お母さんを直ぐに帰してくれなかったのー
そういうのは、小さな親切大きなお世話よ
バカか、あんたは

もう、好き放題言われたものでした。


そして
その後、義母は自分に責任を感じたのか
精神的、体質的におかしくなっていった。
特に、それまでは安定していた血圧は異常値を示すようになる。


そして、あの事件のシーズンの冬、忘れもしない
彼岸の中日の3月21日、日本中が第一回WBCの
日本VSキューバの決勝戦で盛り上がる中
ある浄土宗の寺院に お参りに来ていた最中の
亡き夫の納骨堂の目前で、お坊さんに手渡す筈だった
お布施を握り締めながら倒れた
のである。
それは動脈瘤破裂による、くも膜下出血であった。


この時は、一刻を争ったので 
お寺から最も近い病院に搬送した。
手術は、難航をきわめ
12〜13時間にも及んだのを覚えている。
思えば、その納骨堂に お骨を納められている亡き義父にしても
病院から毎月配布されていた
アンジーフ錠による薬害により死んだ!
病名はスティーブンス・ジョンソンシンドローム(症候群)であり
治療によって使用されていた管より肺炎を合併症で誘発し
苦しみながら亡くなっていた。
(当然、後に病院、国とは闘う事になったが・・・)

当時 既に、のどには穴を開けられていたので
うまく意思表示出来なかったのだが、最後は「ありがとう♪」の
もどかしい言葉を残しICUで息を引き取ったのを覚えている。

義母が発症した場が、そんなところだったのも不思議なものだが
問題なのは、その後の治療だ!
病院は、一つの治療では、長く置いてくれないので
結局は、病院を転々とすることに・・・

そこでは、どこも信じられない言葉や行為を多数見かける。
義母は、流動食をお腹から入れられ
尿も管によって繋がれている。
食べる事も出来ず、しゃべる事も 歩く事も出来ない 
そんな患者を相手にするヘルパーさんや看護士たちは、
そういった患者なので 反抗できないことをいい事に
罵声を浴びせたり、カラダを乱暴に扱ってる光景を
何度も見かけたり、
聞いたりしたものだ(全ての人とは言いませんが・・


その中には もう 、
人間を相手にしてるとは思えない暴言も聞いている
・・・ですが、そういった職員に共通にいえるのは
あくまで、付き添いや 見舞い客が来ない患者に
集中しているんですww
とても、心無い行動です、反論や反抗が同じく出来ない
寝たきり患者やお年寄りでも、
訪問者がまるっきり来ないところへの集中砲火であります
あの光景や言動を 幾度も見たら
まるっきりお任せの病院預けには出来なくなりました。

少なくとも、時間の許す範囲で例え10分でもいいから
病院へ行って、それらの職員にプレッシャーをかける事が
自分に出来るつぐないだと思って
最低週一回は、病院へ顔を出すようにしていますw


そして、此度 管理人が言いたい事は
見舞いは、患者を元気づける、勇気づける以外に
預けた人を、決して粗末には扱わせてなるものか!
・・・という無言のプレッシャーを病院サイドに
植えつけられる事を肝に銘じてもらいたい


親や兄弟、恋人、友人等で かなりの重度の症状で
病院へ預けている方は その辺を考慮して
足を運ぶべきと管理人は言いたい。
そうする事によって、愛する方々が
大事に扱われるのですから・・・ 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
医療の現場でそういった問題があることは知っていましたが、実際に目にしてなかったので現実味がありませんでした。
看護するのが仕事なのに、患者を虐待するなんて許せません。
激務でしょうし、ストレスも溜まるでしょうけど、人として絶対やってはいけないことですね。
見舞いがそういうことの防止になるんですね。
しっかり覚えておきます。
おいちさんも大変だと思いますが、お見舞い頑張って下さい。

息子さんの回復が順調のようでよかったです。
早くよくなりますように。
唯奈
2009/06/27 22:48
今日の記事を読んで、腹が立ってしかたありません。そういう病室には監視カメラでも付けないといけない時代になったのだろうか。もう!プンプンって感じです。無抵抗の病人にそんなことするやつは、私が行ってぶん殴ってやりたいです。

息子さんが、早く普段の生活ができて楽しく過ごせる事を願ってます。
青い海
2009/06/27 23:12
>唯奈さん

相手が、しゃべれない、反撃できないのを
いい事に自分のストレスを
そういった患者にぶつけている医療現場に
携わる方が少なからず、いるのですよw
それが別に、ある特定の病院に
限ってのことでもないです!
・・なので見舞いは、そういった方々への
この患者は、粗末には扱えない・・という
警笛になるんです!

またこの度は
お見舞いの御言葉を頂戴し
有り難う御座います(*・ω・)*_ _))ペコリン
おいち
2009/06/27 23:50
>青い海さん

いつも(人'▽`)ありがとう☆ございます♪

>無抵抗の病人にそんなことするやつは、
>私が行ってぶん殴ってやりたいです。

当然、私自身も同様な気持ちを抱きますが
それが出来ないのが現状です!
身内等を病院に預けている以上、
余計なことを、強く言ったら
入院している本人にしっぺ返しが
くるような感じになって怖いですw
人質をとられている様な気分で
こちらとしても強攻できないのが
現状なんですよ
だから、無言のプレッシャーが唯一の
抵抗かなー

おいち
2009/06/27 23:57

 おいちさま。。たしかにおいちさまの
 話されることは事実あります。患者に対して
 看護しなければならない立場にあるものが


 このような態度、介護、問題があります。
 医療の現場については人材が足りなくて
 最小限のスタッフで患者さまを介護、治療
 しなくてはならず、、、。けして許される
 ことではないのですが現状はこのような
 行為が繰り返し起きているのは事実です。
 医療スタッフ自信も過酷な勤務体制における
 ものにより患者さまに対し「発散」のような
 態度となっているのではと感じます。
 病人を病院に預けられておいでの方は本当に
 出来るだけ足を運ばれ顔を出されますことを
 わたしもオススメいたします。医師、看護士
 その他スタッフが足りてない勤務状況にも
 影響が大きくあります。改善していかなく
 はならない問題ですよね? おいちさまの言う
 ような光景に出会わした場合は注意を促して
 いただければと思います。各医療現場にて
 意見箱の設置が設けてあります。意見、要望
 記入して投函下さい。


さよちゅう
2009/06/28 00:35
とても興味深いお話でした。
辛い体験をされたのですね。
その病院、ひどいものです。反論や抵抗出来ない者に、弱いもの苛めなど。
お見舞いには、そういう意味もあるのだとわかりましたが、病院が信用出来ないというのは、悲しいです。信用できる病院を探すのは難しいのかもしれません。
桃源児
2009/06/28 07:34
こんにちは何時も、ありがとうございます
超音波治療器の効果が出て来て良かったですね。

医療現場では、普段知られていない事って
沢山あると思います。
重症患者の受け入れを断ったり、ベットの空きがあるのに
スタッフの数が足りないと言う理由で
入院が出来ない事もあります。

病院側から色んな言い訳が出て来ると
思いますが、すべて信用する事が出来ないのも現実ですね。
mituru
2009/06/28 10:11
こんにちは、確かに「ええっ?」って思う方が本当に多いです。
そういう人見ると本当に腹立ちます。

実際、私の母方の祖父が入院していたときの付き添いさんが「はぁ?」っていう感じの人だったことを覚えています。
あまりにも対応が酷かったせいか、母の姉が毎週のように心づけを渡してからはマシになったようですが、
それにしてもあの対応はないだろうって感じでした。

どうして弱者にああいった行動が取れるのか・・・
もちろん、仕事上のストレスというのはあるかと思いますが、
それを承知で仕事についていたんでしょうし、それ以前に人としてどうなんですかっ!って言いたいですね。

もちろん人格者といっても過言ではないステキなスタッフさまもいらっしゃいますが、
そうでない方の方も多くて困りますね。
既に高齢社会であるわが国にとっては最大の課題かと思われます。

お見舞いというのはやはり大変な行為でありますが、
頑張ってくださいね。

最後になりましたが、ご子息の怪我順調に回復されていらっしゃるみたいですね。
一日も早く完治することをお祈り申し上げます。

ロキ様
2009/06/28 10:44
こんにちは
息子さんも治療の効果が出て来て良かったですね☆(^。^)
今の医療現場は問題ありですね(@_@)そのような事が行われているのには…驚きです
むぅ
2009/06/28 12:46
こんにちは。
コメントありがとうございました^^
現実にこのようなことがあること自体驚きです。
幸いにも自分の廻りにはこのような問題はありませんが、いつ降りかかってくるかわかりませんね。
くじは毎日コツコツ続けることが肝心ですww
jintan
2009/06/28 16:12
>さよちゅうさん

医療現場に身を置く、さよちゅうさんには
少し耳が痛い話題だったかも知れませんが
私自身が実際、この目で見聞きしたこと
だったので記事として触れました。

この様な行為は、扱う医療現場の職員に
しても所詮人間ですので家庭や私生活が
上手く循環していなければ、当然どこかに
あたりたくなる気持ちも理解出来ない訳では
ないですが、一番の問題は
たまたま身寄りがいなかったり
身内等が遠方で頻繁に足を運べなかったり
そんな方々だけが理不尽な半ば八つ当たり
行為をされるのは問題!と感じたのですw
恵まれなかったり、弱い立場でこそ
人の優しさを与えられる看護、医療であって
欲しい、 また そうであってこそ
なおいっそう、看護、医療業界が発展して
いくものと思いますw
誠に大変なお仕事ではありますが
ひとつ自らのご健康にも留意しながら
がんばってください! 
人の役に立ち、感謝される立派な職業だと
思いますよ^^
おいち
2009/06/28 16:27
>桃源児さん

この度はコメント
有り難う御座いますm(__)mペコリ
本質的には、お見舞いは病人を励まし
元気づけ勇気や希望を与えるものでしょうが
私自身が、このような理由で病院を
訪問するうちに、そういった虐待予防の
ような感覚を持つようになったんです!
それだけ、ショックな出来事も
あったので・・・

おいち
2009/06/28 16:39
>mituruさん

いつも(人'▽`)ありがとう☆ございます♪
医療の現場にも、それぞれの事情が
あるのは理解できますが
患者や身内などを納得させる説明が
欲しいところですよねー
それに欠けるのが残念なところですw

骨折に関しては、おかげ様をもちまして
徐々に回復に向かっているようです。
おいち
2009/06/28 16:46
>ロキ様

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
私のみならず、ロキ様の周辺でも
納得の出来ない理不尽な行為、言動が
あったのですね〜
やはり、そういった意味では
医療、介護業界全体の課題であるかも
しれないですね!
ホント、ますます高齢化が進行する
社会ですので、これからの問題は
山積みのような気がいたしますw
私個人的に見聞きした中では、
患者に「苦労かけるなや〜♪」とか
怒鳴り散らすのを聞いたら
がっかり致しました。カラダが不自由だから
人の手が必要なのに、苦労かけるな!は
ないでしょっ という感じですw

また、温かいお見舞いのお言葉を頂戴し
有り難う御座います(*・ω・)*_ _))ペコリン
おいち
2009/06/28 16:58
>むぅさん

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
おかげ様で、順調に回復しているようです  
やはり、超音波治療器の効果が
大きいものと思います!
医療現場の裏事情は、いろいろ
ありそうですよ
おいち
2009/06/28 17:01
>jintanさん

こちらこそ、コメント
有り難う御座います(*・ω・)*_ _))ペコリン

楽天スーパーポイント10,000ポイントご当選に感動し、嬉しくなったので
コメント入れさせて戴いたんです!
ホントに当たる事があるんだ!とビックリ
しました。
医療、介護の関わりではjintanさんの
廻りで、このような事がないことを
今後も願っております!
おいち
2009/06/28 17:07
介護現場の過酷さとそれに対する報酬の低さが、介護に携わる方の質を落としているのではないかと思います。

TV報道でも、介護ヘルパーをやっている人物が、介護している人に対して酷い事を言っているとか酷い扱いをしているという話は聞いた事がありますが、介護する側が「幸せである」と実感出来ない現状では、どうしても弱者にそのしわ寄せが来るのは目に見えています。

介護をしている人全てがそういった人物では無いと思いますが、一部の心ない人物が全体のイメージを悪くしていると言う事はあるのではないかと思います。
cyah
2009/06/29 22:47
こんばんは、お世話になっています。

裁判とかになるのが病院としては
一番避けたい所だと思いますが
確かに、納得の行く説明ってない場合もあります。

人間の命を預かる仕事として
色んな面で、これから変えて行かないと駄目ですね。

コメントありがとうございます。
おやすみなさい。
mituru
2009/06/30 03:31
>cyahさん

おっしゃる通り介護部門に関しては
仕事に見合った報酬では、ありませんね!
実際、現場を見ていると
その仕事内容の過酷さは、よく伺うことが
できますw 国、地方自治体、施設側が
この辺を考慮してくれるならば、スタッフの
質も上がる事は歴然としていると思います!

また、このたびは
一身上、お忙しい中を御訪問、コメント
有り難う御座いますm(__)mペコリ
叔父様の初七日、四十九日と故人を送る行事が
続く事になります、頑張ってください!
おいち
2009/06/30 12:40
>mituruさん

゚*。(o'∀')b。*゚こんにちは♪
いつも(人'▽`)ありがとう☆ございます♪

>裁判とかになるのが病院としては
>一番避けたい所だと思いますが

これ、やはり私も経験したことありますw
病院側から、まるで示談のように
一方的に条件提示されたときには驚きました。
・・ていうか、あちらは提案と言ってましたが・・・・
人の命を預かる重職ですから
もっと、いろいろ改善してもらいたいですよね。
ホント問題は山積みだと思いますw
おいち
2009/06/30 12:46
こんばんは♪
その後、順調に回復されてますでしょうか?記事に出ないということは、元気な証と考えておりますが気になってきましたので。。。
mikomai
2009/07/26 21:01
>mikomaiさん

おはようございます^^
その後は超音波治療の効果もあって
順調に来ていますw

数日前からギブスを一旦取り
装具を取り付けての歩行練習も
はじめました。もう一月程度では・・
なんて思ってますが・・順調です!
ご心配、お気遣い有り難う御座います♪
おいち
2009/07/27 06:46
 こんばんわ・・・おいちさま・・
 その後のお子様の超音波治療効果はどうです
 かなり効果があるように把握していますが
 早く、回復すればよいですね
 今日は馬鹿なコメントはなしにしておきます
 メールは読んでいただけましたか?
どうぞ宜しくお願いしますわ。。。
 お忙しいおいちさまだとはわかってはいます
 けれども、あのままでは自律神経まで・・。
 また、様子はちょこちょこと拝見しに伺い
 たいとは思うのですが・・?
心配です。頼みましたわよ。
 おいちさまも風邪をまたひかないように
 お腹は冷やさないようにして下さい。
 また、馬鹿ちゃんの相手もしてもらいます。
 次回からはじまりですわ☆☆
さよちゅう
2009/08/04 01:51
>さよちゅうさん

おはようございます^^
メッセージは読みましたよw
いろいろとお心遣いを
(人'▽`)ありがとう☆ございます♪

息子の骨折の経過に関しては
やはり、あれからどうした?と言う方も
チラホラいらっしゃるので
近く記事アップを考えていますw
さよちゅうさん本来のコメントに関しては
ひとつお手柔らかにお願いします!
次回からということなので・・・
おいち
2009/08/04 08:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

 広 告  



参加ブログランキング

↓ポチッとお願い にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 散歩(うさんぽ)へ

blogram投票ボタン

ブログ王→ ランキングは
こちらをクリック!


置き手紙

おきてがみ

忍者AdMax

ペット捜索
里親探し状況

動物達を助けて!
御協力をお願いします
↓ ↓(ポチが命を救う)
ロキ様からのお願いへ


お気に入りなど



あわせて読みたいブログパーツ

track feed 小さなアクアマリン

医療現場で思う事! 小さなアクアマリン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる