小さなアクアマリン

アクセスカウンタ

ページランク表示用ブログパーツ E-Pagerank

zoom RSS 強制わいせつ事件!

<<   作成日時 : 2009/06/14 20:43   >>

驚いた ブログ気持玉 33 / トラックバック 1 / コメント 26


平成17年の、管理人周辺を巡る
忌まわしい出来事を今更ながら思い出す!

強制わいせつ事件がそれだ!
  (新聞紙上にも掲載された)
事は、地元のある公園だった。
被害者は、我が息子(当時6歳)であるのだが
第一発見者が、嫁であった。

現場を発見した嫁が、私へ通報。
それで駆けつけた私が
犯人を取り押さえた(←実際は抵抗しなかった)
行なわれた行為そのものについては
申し訳ないが、一切伏せさせて貰いたい。

下記に掲載した写真は、最終的な示談書である。
事のいきさつは、これから述べるが・・・

画像



犯人を取り押さえた後は、その後警察に通報!
刑事数人が現われて、現場検証!
さらに当日、深夜まで警察署内での取調べがあった。
最終的な担当者には、女刑事さんがなって
刑事さんは、この手の犯罪者は癖になりがち
当人の為にも断固闘いましょうw
という言葉があったのだが、その後思わぬ展開に・・・


結局、強制猥褻は被害者側が告訴しなければ
事件とはならないので
管理人は当然、告訴することになる。
相手側は、弁護士を付け管理人へ抵抗する。
そこで とんでもない事実が判明する。


加害者は、見知らぬ20歳代の若者だったのだが
その両親が、私が良く知る人物だったのだ

実は、仕事先でのお得意様であった。
この行方を どれだけ恨んだことか・・・
まるっきり知らない人だったら、どれだけ楽だったろうw


向こうも私の正体を知ってか、顔を合わせずらいのか
その後、手紙による謝罪を2度に渡り頂いた。
憎むべきは、加害者本人であるが
その手紙には、親としての切々な願いと
懺悔の言葉、そして私どもへの謝罪が・・延々と綴っていた。


「お願いです♪、息子にもう一度だけチャンスをください!
息子は解雇という社会的制裁は、既に受けました」
これらの言葉は確かに重かった。
そして、親としての悲壮なるその文面は
顔を知っているだけに管理人の心を揺さぶったものですw

でも、許せない・・・そんな気持ちも同時にありました。

問題なのは、ここで管理人を取り巻く周囲の動きである。



父(会長)からは、その後の仕事への影響を恐れ
さっさと向こうの意図を飲んで示談せよ!との指示だった。

だが、嫁も黙ってはいない
お金なんて要らないし、あの男をとにかく
とことん追い詰めてやっての指示だ!

私は、双方から板挟みになることに・・・なる


結局、管理人は悩んだ挙句に
前者の示談を決意することに・・・

それには、最悪の場合
小さい子供を法廷には立たせたくない!
早期に解決へ向かわせたい!との
管理人の希望があった。

そして、怒りだけが先行する嫁に土下座し
理解を求めたが、なかなか応じてはくれなかった。

「あんたは、あの場を見てないから
そんな事出来るのよ、・・・このままじゃ悔しい!」
だから絶対に許さないとの返答だけだった。

管理人が最終的に示談に応じたのは
このとき親身に相談にのってくれた
副検事の言葉があった。

起こった事は、取り戻せないが
今後の為、私なら示談に応じるかも。
告訴取り下げに応じるお金に対しては
その子の今後の為に使いますよ。
この事で、子供とはいえ意識に残り
病気や精神にそのまま影響を残す事も
考えられます、私なら そういうのに利用するかな?

その言葉は、本来加害者を罪に追い詰める立場の
検事という職に反していた為、妙に説得力があったのですw

そして、その示談の内容が上記の示談書である。
日付が訂正されてるのは、私がすぐには示談に
応じなかったからである、正直苦悩があったから・・・


そして、嫁は今でも言う
夫婦喧嘩という訳でもないが
意見が合わなかった時に、あんたは体裁を気にして
あの時、権力に屈した卑怯者だと・・・
そして例え間違いでも、
自分の意見に同調して欲しかったと・・


実際、嫁自身も被害者であって、この事が機になり
ある種の病院付けの生活を強いられ
デバス錠やら何種類かの薬を飲まずには
生活出来なくなってしまった。

そして、時間が経過すれば
いずれ忘れ去られる事だと
管理人は思ってきたが、一度はいったヒビは
二度と戻らないのかもしれない


私が選択した道は過ちだったのだろうか

もちろん、元々は他人である夫婦なのだから
この事だけが原因ではないのだが・・・
いつまでも言われ続けるのにも
さすがにうんざりですw


そして管理人はつくづく思う。
社会的に現在、大学のスポーツ部その他
社会一般で多くの暴行やわいせつ事件がある。
加害者当人は、一時の快楽の為に罪を犯すのだろうが
ホント大馬鹿ものである。
それによって被害者本人はもちろん、その家族や
自分自身の両親、職場、学校どれほど
多くの人間を巻き込む事か・・・それを
考えるチカラがあれば、決して出来る行為ではない!
本来そこまで人を思いやれないヤツは、人間失格とも思う!



そして、管理人は現在
多少なりとも、
世の為にパトロール活動もしている。


画像



職業柄よく事業用の車を使う機会も多いのだが
それらの車種には、上記のステッカーを
貼り付けている!

少なくとも、この警笛ともいえる防犯パトロールを目にし
それが、犯罪の抑止になり
女性の安全を守り、また
子供たちが安心して暮らせる街づくりの実現

自らの体験も踏まえて、
こんな事は もうごめんだ! というのが
管理人の本音であります

そして、この事を今更 暴露する私自身も
病んでいるのです

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 33
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
医療現場で思う事!
      (とにかく、長文なので お忙しい方は        最後の10行程度を読んで下されれば嬉しいです!) ...続きを見る
小さなアクアマリン
2009/06/27 19:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
衝撃的なお話でした。
あたしは犯罪の被害者になったことはありますが、自分だからまだよかったけど、自分の子供だったらとても許せないと思います。
でも仕事上の繋がりとか…最悪ですね。
おいちさんの判断は間違いじゃなかったと思います。
告訴すれば、まだ小さいお子さんに度々悪夢をよみがえらせ、それを語らせることになりますよね。
それはあまりにも辛いことです。
おいちさんは体裁を気にして権力に屈したんじゃなくて、お子さんへの愛情からの判断だったと思います。
でも…確かに加害者は許せない。
奥様のお気持ちも分かるなぁ…。
難しいですね。

暴行だのわいせつだの殺人だの虐待だの…って事件はホントに多くて、なんでそんなに自制心がなく衝動的で自己愛性のヤツがいるのかと腹立たしく思います。
いやな世界です。
唯奈
2009/06/15 00:55
>唯奈さん

何も、あの事に触れなくても
よかったような気がしますが・・・
心痛む中、コメント有り難う御座います♪

私の場合は、加害者の親が知人であったのが
大きな障害になりました。
希望的には、当初 嫁と同意見でも
あったので、それを知って対応を見直す事に
なりましたので・・・
どうしても、事を急ぐ必要もあったので
最終的には、意見相違でした。   
だらだらと長々しい紛争は
避けたかったんです!
ホント自己愛者が、最近多く
廻りが見えてない人が多過ぎます(人'д'o)ネッ
同感ですよw
おいち
2009/06/15 01:45
おはようございます
大変な出来事があったのですね。

こう言う事件は、増加しているので
大きな社会問題ですね。

もし自分が同じ立場に、置かれたら
おいちさんと、同じ決断をすると思います。

勿論犯人に、対して許す事は出来ませんが
ご家族の事を考えると、心が痛みます。

上手くコメント出来なくてすいません。
mituru
2009/06/15 06:22
おいちさん、おはようございます。
やはり、ショックを受けました。上手く言葉にできない状態ですので、気持玉に託させていただきます。すみません。。。
mikomai
2009/06/15 06:43
おはようございます
とてもビックリするような事件のお話が出てきたもので…自分の家族にそのような事が起きたらと思うと許せないですがあまり大事にしたくないというのもあると思います(+_+)
今後このような事が無いようになっていけばいいのですが…
むぅ
2009/06/15 07:03
掛ける言葉は見つかりませんが、頑張ってください。
時の経過が、おいちさんにとって、良い方向に向かう事を祈ります。
cyokobo2
2009/06/15 07:36
>mituruさん

こんにちは〜^^
こういう事件は、撲滅して欲しいです!
そして、
影で泣くのは、もちろん被害者ですが
その裏には、多くの方が関わっていますw
その皆の人生が、これで変わってしまう事
もあるということですね。
そこまで、読みきれる人間が少ないことが
今の、ご時勢の悲劇と思います!
おいち
2009/06/15 13:02
>mikomaiさん

コメント、有り難う御座いますm(__)mペコリ
そして、たくさんの気持ち玉に
感謝(*'Д')ゞデス♪
元気と勇気、やる気いろいろ戴いた気分です!
おいち
2009/06/15 13:07
>むぅさん

こんばんは!(。・▽・)ノ

>あまり大事にしたくないというのも
>あると思います(+_+)

おっしゃる通りで、事件当初は
そういった気持ちが強かったですw
自宅近くの公園での出来事だったので
あっという間の噂や人目には敏感に
なりましたよ。流石に年月が経ち
今では、平和になりましたが
問題なのは、我々当事者の心の中には
未だ、その傷が残ったままだという事です!
おいち
2009/06/15 17:42
私も小さい頃、よく痴漢にあったものです。。。
人事とは思えずに、夢中で記事を読みました。
被害者と加害者と・・・人間関係。それと、仕事。
とても複雑ですね。
一概に、どの選択が正しかった・・・とは軽くコメントできませんが、息子さんは大丈夫ですか??
まわりも大きなショックを受けたと思いますが、息子さんが心配ですね。。。

気のきくコメントが残せないのが申し訳ないです。
ウメダ
2009/06/15 17:47
>cyokobo2さん

この事件をキッカケにして、私の性に対する
潔癖症は、半端じゃないようになりました。
こと猥褻事件と聞くだけで、自分のことの
ようにカッカと頭に血がのぼりますw
時の経過・・・いい方向に
そうありたいと思いますが。。

おいち
2009/06/15 17:48
>ウメダさん

当時の年齢が、まだ6歳(小1)だったので
現在のところ尾は引いてないようですw
お心遣い、有り難う御座いますm(__)mペコリ

息子に限っては、大丈夫と考えています!
むしろ、その後始末に何かと動いた
大人の方が、引きずってる模様ですw
そしてウメダさんは年少時に、
痴漢被害にあったそうですね。
よく痴漢は女性の敵なんて言いますが
私にとっても敵なんですよ。
人格を無視した人を不快な気持ちにさせる
行為は許し難いです!
おいち
2009/06/15 17:59
うーん
なんか凄い事件を経験されたみたいですね〜
最近怖い事件多いからパトロールなどかなり効果あると思います。安心安全な日本にならないかな〜
髪様
2009/06/15 18:38
>髪様さん

ホント今の時代は、自己顕示欲が強く
他人の事を気遣える人間が
少ないような気がいたしますw 
そして、
パトロールについては、管理人の
せめてもの抵抗と願いでやってるんです!
また身近な方などから、やはり暴行事件の事を
告げられた時などは、
自分の心に動揺が走ります。
そんな方の心を癒す事は
これからの私の課題で、目標です!
おいち
2009/06/15 20:49
こんばんは〜
衝撃的な内容にどういう言葉をつづればよいのか、迷いながら書いています。

様々な事件がある昨今、幸いにも私の家族や身内にはそういった事件はおきておりません。
でも正直、いつ起こってもおかしくないものと考えております。

精神への殺人行為と言っていた識者がいらっしゃいましたが、過言では無いと思います。
自分の一時の感情でどうしてこういう事を犯してしまうんだろう。
どうして事件の後のことを考える能力が欲望に負けてしまうのか・・・。

ボクの家は子育ての真っ盛り、多少やんちゃでも、勉強が出来なくても構いません。
人の心をえぐる様な行為をしない子に育って欲しいと思わずにはいられません。


ボクは正式には加入してはいませんが、ワンワンパトロールをしているつもりです。
ボクが歩くことによって犯罪の抑制の一端(本当に微力ですが)になればと思っています

最後になりましたが、おいちさまご家族の精神的な傷が少しでも癒されますように
そして、こういった犯罪がなくなりますようにと願わずにはいられません。
ロキ様
2009/06/15 23:13
>ロキ様

こんばんは〜^^
温かい御言葉を頂戴し
有り難う御座いますm(__)mペコリ

>どうして事件の後のことを考える能力が欲望に>負けてしまうのか・・・。

まさにその通りと思いますw
人は、個々にその大小の差があっても
本質的に欲望は持ってるものと思いますw
ですが人間と他の動物との大きな違い!
それは理性と推察力だと思ってますw
歯止めが出来て、周囲の家族や友人、同僚
といった方々への気配りが出来れば
決して防げる事と考えてますw
「思いやりの心」や「本当の愛情」
それらに欠けるのが原因でしょうね!
まったく悲しい限りですw
ロキ様のような逞しいワンコ達も
また、社会の秩序を守らせるには
有効な方法、私もそう思いますね。

おいち
2009/06/16 01:17
おいちさんの選択が正しいか、間違っているかは、私にはわかりませんが、その後お子様がスクスクと成長されている事を願ってます。
実際に私だったらといろいろ考えさせられます。
おいちさんの家族の心の傷が少しでも癒えることを願ってここにコメント残します。
青い海
2009/06/16 09:46
>青い海さん

自分の選択が正しかったのか?間違ってたか?
は正直 今でも分かりません!
・・ですが息子に限ってはベストの選択だった
のではと思っていますw
ズルズル引きずらなかった分、
スクスク育っているようであります!
おいち
2009/06/16 20:33
こんばんは、コメントありがとうございます。
今は、多くの地域で防犯パトロールを
行っていますが、幼い子供が事件に巻き込まれる
事が増えているので、ホント恐いですね。

海外の方では、犯人に対して特殊なタグ
見たいのを付けて24時間監視されています。

あと、住んでいる場所とかを公開している
所もありますが日本は、こう言う面でも
遅れていますね。

何時も、ありがとうございます。
mituru
2009/06/16 22:26
>mituruさん

こんばんは!(。・▽・)ノ
海外には、向こう特有の方法をとっている国も
あるくらいですねー。
治安という意味では、日本以上に悪い国も
実際はたくさんあるので
そういった意味では、そういう方法も
有効なのでしょうw
取りあえずは、身近なところから
個々が防犯を意識出来れば
それなりの効果は得られる気がするのですが・・・
そして基本はチカラの弱い女性と子供を
お守りすることですね。
おいち
2009/06/16 23:50
唯奈さんの所から飛んできました。

性犯罪ではありませんが、私も以前家の裏手にある倉庫に放火された事がありまして、幸いお袋が早く気がついたのと、私が消火器担いで早めに火を消したのでその時は大事に至らなかったのですが、他ではアパート全焼などという状態になってしまったところもありました。

その後犯人は捕まったのですが、私もよく知っている一級下のヤツでした。
普段そんなに目立つヤツでは無かったのですが、なんでそのような馬鹿なマネをしたのかは、いまだに謎です。
cyah
2009/06/18 23:32
>cyahさん

こんばんは!(。・▽・)ノ
はい!唯奈たんのところで、よくお名前は
拝見させて戴いておりますw
このたびは、コメント有り難う御座います♪

今回の私の場合、犯罪そのものも驚きなのに
後から、知人関係と知ったときの衝撃は
ショックで計り知れませんでした。
もう2度とごめんですねー!
そして私思いますが、いかなる犯罪でも
自分の周りの親や身内、先生、友人などなど
といった人々が、自分の行為によって
悲しみ嘆き苦しみを与える事実を想定
できるなら抑制できると思うのですw
ようは、犯罪者個々が自己中
それに尽きると思います、
まったく悲しい限りです!
おいち
2009/06/19 01:27
大変な事があったんですね・・・

自分の事ばかりで、気付かず恥ずかしい次第です。奥様の気持ちもおいちさんの気持ちも、
よ〜く判ります。でも夫婦揃って同じ心境のお
いちさんが、あえて涙を呑んで冷静な判断をせざるを得なかったのでしょうね。私も少し内容は違いますが、オヤジを看取る時、病状的には
今日がお別れになるとは、思っていたけど、「医者がもう、どうせダメなんだから・・・」
というような感じで呼吸不全でも特に何もせず、看てる、ダメ元での蘇生処置もしようとしない、これで我等兄弟は医者に、噛み付きました。「少しは親族が納得出来るような処置だけ
でもしろ!」と「亡くなる前は皆さん同じです」と言うのですが、息苦しそうなら息を引き取るまで酸素を吸わせてあげたいし、喉が渇いてたら、数滴でも喉を湿らせてあげたいと思う
のはおかしいのか?と言いました。仕事上、慣れるのかも知れませんが、人の死に慣れるのも
問題ではと思いました。

お子様、奥様の心に傷が残らないように願って
おります。
ちゃくわお
2009/06/21 15:44
>ちゃくわおさん

ちゃくわおさんと似たような例、
私も経験しました。
6年前やはり義父が息を引きとる時に
医師団や看護士たちの対応は
明らかに最後は、手抜き?と受け取れる
状況に自分も疑問を感じたものです!
それは、大変 物珍しい難病だったのですが
だとしても、もう少し
やりようがあった気がして残念でしたねー
人間は感情のある生き物なので
例え結果が同じでもベストを尽くして
くれれば納得やら感謝できるのですが・・・

>お子様、奥様の心に傷が残らないように
>願っております。

お言葉に、感謝です!(人'▽`)ありがとう☆
おいち
2009/06/21 20:17
戦いは傷心を深めかねず、憎む罪を許せる筈もなく、争いを捨てた決断が最善だったのか、。 悩みぬいて出された過去の決断がどうであれ、未だ傷は癒えなかったでしょう。奥様のお気持ちも察して余りあります。いずれにせよお二人に罪などありません。  十字架を背負うだろう家族に恨みをはらす事を選ばなかったあなた様は、心から愛するご家族を本当の意味で守ったのかも知れません。
 加害者家族は温情を与えたあなた様方に対し少なくとも逆恨みする事はないのでは、そして反省するのではと思います。(もしそうでなければ救い様はありませんし、いずれ彼等はより重い罪を心に背負う事でしょう)  おいち様も奥様も葛藤し涙を堪えられた事を粛々と語らい涙を分ち合って頂きたいものです。まだまだ未来があり希望があるという事、夢を抱けるという事を心から願い信じてください。どんな過去さえも乗り越える事は必ず出来ます、生きてる限り必ず、、どうかおいち様方に心よりの笑顔を取り戻す日が訪れます様に。過去に生きるのはおしまいにしましょう。実はボクも誰にも言えない辛い経験があります。若輩者が長文、誠に申し訳ございません。
みやびん
2009/06/30 00:32
>みやびんさん

心ある魂のこもったコメントを
(人'▽`)ありがとう☆ございます♪

私自身も正直、この場で公開すべきか否か
の判断を迷った出来事であります。
時が経ち、周囲はすっかり沈静化し平和に
なったので、今更持ち出しても周りの
環境は既に落ち着いているので問題なし・・
という自らの判断で書き綴りました。
結局は後は、当事者であった我々の心の傷  
さえ癒えればいい訳ですが、その傷を
後から嫁などから穿り返されることが
辛いところなんです!
結論として、半ば協調、調和しての答えでは
なかったので、その不平不満が
後々、意見相違があった時にこちらに矛先
が向けられ、毎度毎度我慢すること
に限界を感じていますw

そして
みやびんさんは、誰にも言えない
辛い経験がおありのようで
それを心に閉じられて背負っているのですね 
それを生涯しまい込むか?心許す人に
打ち明けるか?・・は今後のみやびんさんの
人生の選択になるのですねー
おいち
2009/06/30 17:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

 広 告  



参加ブログランキング

↓ポチッとお願い にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎ 散歩(うさんぽ)へ

blogram投票ボタン

ブログ王→ ランキングは
こちらをクリック!


置き手紙

おきてがみ

忍者AdMax

ペット捜索
里親探し状況

動物達を助けて!
御協力をお願いします
↓ ↓(ポチが命を救う)
ロキ様からのお願いへ


お気に入りなど



あわせて読みたいブログパーツ

track feed 小さなアクアマリン

強制わいせつ事件! 小さなアクアマリン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる